難易度がほぼほぼで、実社会で役立つ資格の代表格
「日商簿記2級検定を徹底解説!」

日商簿記検定の2級検定は、目指す方それぞれの立場によって、いろんな顔を見せてくれる面白い資格です。

「転職の材料にしたいけど、工業簿記があって面倒だな…」
「合格できないにしても、とりあえず工業簿記はかじっておかないと」
「せっかく勉強するなら、3級よりも2級の方が使えるでしょう…」

まだまだ他にもあると思うのですが、日商簿記検定2級にまつわる思いは多様で、また非常に微妙だという感じがします。

当サイトは、経理の仕事や税理士を目指すなら文句なしに必須、しかしこれら以外の仕事に就くみなさん(そちらが圧倒的に多いですよね)にも注目されている、日商簿記の2級検定について、その役立ち度や試験の難易度などについて解説。
特に日商簿記2級の難易度に対する考え方や勉強法については詳しく解説しています。

簿記の知識について何かしら必要性を感じていらっしゃる方、
また、とりあえず3級でいいのか、2級に取り組むべきなのか、
迷っているみなさんは、
ぜひこのサイトをお読みになってください。

きっと、日商簿記2級が、なぜ難易度がそのレベルにある人気資格なのか納得していただけると思います。

簿記は地味ながら人気の根強い資格です。
そして日商簿記2級を学ぶ面白さにハマっていただけると、実社会で広く応用していただけると思います。

ぜひ最後までお読みになってみてください。