簿記1級〜知っておきたい簿記資格の重要性

簿記資格の重要性

簿記は、さまざまなスクールや通信講座でも人気が高い資格です。しかしながら、簿記資格の重要性はまだまだ広まっていない部分もあるようです。

簿記の資格は、会社の経理や金融機関など「お金」に関する仕事をする人間だけに必要な資格だと思っている人も少なくありません。
けれども、簿記は会社だけではなくすべての人の仕事や生活に直結しているものなのです。

簿記の知識は経理や会計の現場だけではなく、モノを作る現場や営業、販売などでも必要とされています。
そこで、最近では企業でも就職の採用の条件として簿記の有資格者であることを条件にしたり、社員として採用した後に簿記の資格を取得するように義務付けたりしているようです。

そのために、大学在学中に資格を取得する学生も多くなってきました。もちろん、若者だけではなくシニア層にも簿記の知識は有効です。最近注目が集まっているNISA(小額投資非課税制度)を活用するにあたっては、投資先の企業の財政状況を知ることが大切なので簿記の知識は役立つでしょう。

お金の流れを理解することは、社会の流れを理解することです。自分自身の可能性をさらに高めるなら簿記の資格は即戦力となってくれます。

目指したい!日商簿記1級

簿記の試験は「全商簿記」「全経簿記」「日商簿記」の3種類がありますが、なかでも一番知られているのは日商簿記です。
認知度も評判も高い日商簿記には、1級から3級まであります。

  • 3級…簿記の基本となる知識。試算表・損得計算表・貸借対照表などの作り方を学びます。
  • 2級…3級の知識に株式会社の取り引きが加わります。商品仕入れから販売までのお金の動き(商業簿記)と、メーカーが材料を仕入れ販売するまでのお金の動き(工業簿記)を学びます。就職や転職の際にこのスキルをアピールできます。
  • 1級…簿記検定の最高峰で、2級と比較すると格段に難易度は高くなります。上場企業での取り引きほか、簿記のエキスパートとしてさまざまな会計知識を学びます。

簿記1級を取得することは簡単ではありませんが、合格すれば税理士の受験資格を得ることができるというメリットもあります。

企業の管理職を目指したい、将来独立したいという場合、頼もしい武器になる簿記1級を目指す人は多くなってきました。

おすすめ