簿記2級・3級の合格率

簿記検定の種類

合格率の話に入る前に、団体ごとの簿記の検定について整理をしておきます。
簿記の検定には、実は3つの種類があるのです。

一番メジャーな検定は「日商簿記」です。これは日本商工会議所が主催している試験で、みんなが”簿記検定”と呼んでいるものは、一般には日商簿記を指すと思ってまちがいないでしょう。

ほかに経理専門学校生を対象とした「全経簿記」や、商業高校生を対象とした「全商簿記」があります。
当サイトでは、「日商簿記」を基準に合格率や難易度などの解説をしていますので、そのことを頭において読み進めてくださいね!

2級と3級の合格率

ではさっそく、簿記検定の合格率の話を始めます。まずは近年の3級検定の結果から見てみましょう。

日商簿記3級の試験結果

開催日 受験者数 合格者数 合格率
2020年 2月 76,896名 37,744名 49.1%
2019年 11月 80,130名 34,519名 43.1%
2019年 6月 72,435名 40,624名 56.1%
2019年 2月 80,360名 44,302名 55.1%
2018年 11月 88,774名 38,884名 43.8%

日商簿記の検定試験は毎年3回行われています。
毎回の受験者は10万人近くになることがわかりますよね。こうやって見てみると、簿記の資格はいまも相変わらず人気が高いことが一目瞭然です。

平均の合格率は、40~50%台と考えておいていいでしょう。試験の開催日により、出題の難易度にもばらつきがあって、受験者の半数以上が合格する回も、合格者が3割にも満たない回もあったりするのです。

このデータだけから判断しますと、「簿記3級は簡単」とは、一概には言えない気もしますが、みなさんはどんな印象を持ちましたか?

それでは日商簿記の2級の結果へ移ります。

日商簿記2級の試験結果

開催日 受験者数 合格者数 合格率
2020年 2月 46,939名 13,409名 28.6%
2019年 11月 48,744名 13,195名 27.1%
2019年 6月 55,702名 10,666名 25.4%
2019年 2月 49,776名 6,297名 12.7%
2018年 11月 49,516名 7,276名 14.7%

簿記3級と比べてみますと、受験者数も合格率も急に下がっているのがわかります。合格率の高い回でも、合格者は30%ほどですから、かなりむずかしそうですね。

簿記2級の受験者は、3級資格の取得者かもしくは、実務等で3級の知識を身につけている人がほとんどです。その前提があって、平均合格率が20%前後ですから、これは難易度の高い試験であると考えておくべきだと思います。
だけど、就職活動等で簿記の資格が評価されるのは、最低2級からだといわれています。

おすすめ