日商簿記検定の中で、最も実用的な級が「2級」です。

簿記の検定試験はいくつかの団体で行われています。その中で一番知名度の高いのが「日商簿記検定」で、受験者の数もトップクラスです。
「簿記の検定を受けるなら、迷わず日商簿記!」と言う人は少なくありませんが、そのアドバイスは決して乱暴とはいえません。ライセンスとして、もしくは役立つスキルとして活用する以上は、スタンダードなモノの方がお薦めです。

さて日商簿記検定の中で、最も実用的な級が「2級」です。
日商簿記の検定は1級から4級までありますが、最下級の4級は中学生でも合格できるレベルです。3級には社会人の受験者も少なくありませんが、それでもまだ入門編です。経理業務等で実用的に活かすスキルとしては、やや役不足の感があります。

ところが「日商簿記の2級」となると、事情はまるで変わってきます。
上級の1級とは難易度の差は桁違いではあるものの、2級からは実用的な資格で、就職等でも「日商簿記の2級」は、自信を持って履歴書に書き込むことができます。

以上経理目線でお話ししましたが、簿記の基礎的教養を持っていることは、どんな職業においてもマイナスにはなりません。いえ、大きくプラスになるというべきでしょう。
「会社経営の仕組み」「経済の仕組み」についての知識は、社会人なら役職の階段を登るに連れ誰にも必要とされることだからです。

そうした観点から見ても、日商簿記の2級は非常に実践的で、取得する価値の大きな資格と言えるわけです。もちろん取得は3級ほど簡単ではありませんが、1級を目指す苦労を考えれば、ずっと楽な気持ちで取り組んでいただけます。
そして将来的に税理士や公認会計士をなるつもりがないのなら、大多数のビジネスマンにとっては、簿記1級の高度な専門知識など必要ではありません。

仕事に実践的に活かすならこれで十分で、かつこれ位の知識レベルは持っておきたいのが、日商簿記の2級の知識です。