簿記の資格はやっぱり経理で役に立つ

昔から簿記と言えば経理なんです

簿記と言えば経理です。複式簿記で帳簿をつけたり、会社のお金の管理をしたりする仕事ですね。領収書を集めて、帳簿をつけて、収支を合わせて・・・というお仕事。会社ならこういう人材は必ず1人は必要なので、簿記の資格を持っている人は、就職活動をするときに重宝されてきました。

昔のマンガですが「ナニワ金融道」でも、シングルマザーがハローワーク(そのときは職業安定所と呼ばれていた)で仕事探しをするとき、相談員に「簿記などの資格がないと、きつい仕事以外で仕事を探すのは難しいですね・・・」というようなことを言われていました。

つまり、この相談員の言っていることは裏を返せば、簿記は仕事を見つけるための資格として鉄板だったんです。

でも、昔から経理ではたらいている・・・という方は、会計ソフトの登場で、戦々恐々しているかもしれませんね。

しかし心配ありません。確かに今どき、パソコンとその中に入っているエクセルがあれば、計算なんてすぐできてしまいます。加えて会計ソフトを持っていれば、複式簿記の記帳もカンタンです。

でも、それにもかかわらず簿記の知識は必要です。いや、だからこそでしょうか。つまり、誰でもデータを作れるようになったからこそ、そのデータを「読める」人材が求められているのです。

コンピュータができるのは、数字の処理だけです。しかし、データをもとに経営状況の健全性・改善点を読み取れるのは、簿記の知識がある人だけです。

データを読んで活かせる知識が求められる

数字をとるのは、もう誰でもできる時代。大切なのはその数字をどう生かせるかです。だからこそ、経理職への転職活動でのPRでは、「記帳できます」ではなく、「データからこうこうこういうことが読み取れます、私のスキルが御社の経営に役立てられます」とアピールしたほうがいいのです。

「会計ソフトがあれば、面倒な数字の計算はソフトに任せられるので、本来の仕事に専念できますね」とでも余裕をかませば、会計ソフトが自分の仕事との競合になってしまう事態も避けられます。

つまりソフトよりも自分を上のランクに見せるのです。実際にこれからの経理職は、このような役割がますます求められていくと思います!

おすすめ